IsleAir 島風

観葉植物2点セット

¥8,500

左 アガベベネズエラ

アガベは南アメリカ北部や北アメリカ南部、中央アメリカを原産地とするリュウゼツラン科のリュウゼツラン属に分類される多年草の多肉植物の名前です。暑さや寒さにも強いのが特徴となっています。

右 コウモリラン

ビカクシダという別名でも呼ばれているコウモリランは、葉が不思議なフォルムをしていることから、インテリアとしての存在を充分に発揮してくれる観葉植物です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【育て方】

左 アガベベネズエラ

風通しと日当たりの良い場所に置いて育ててあげると元気に生長してくれます。

アガベの肉厚の葉の部分には水分を溜め込める機能が備わっていて、高温や乾燥には元々強いという特徴を持っています。

乾燥気味に育ててあげるので、夏の水やりは控えめで大丈夫です。

アガベは10月下旬〜3月中旬頃の間は生育が止まり、休眠状態になっています。冬はこの休眠状態の時期ですので、水やりは霧吹きで月に2回程度で問題ありません。

休眠期でもあり、気温の低いこの時期に水やりをし過ぎてしまうと、根腐れしてしまうことがありますので、十分に注意してください。

※植物につき、商品の色・形・大きさは、写真と異なる場合がございます

高さ 約22㎝

幅  約26㎝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

右 コウモリラン

コウモリランが自生しているのは、アフリカやマダガスカルなどの熱帯地域です。そのためコウモリランは日光を好み、日陰などの日が当たらない場所で管理すると、葉っぱの色が黄色く変色してしまうことがあります。

夏は日射しが強いので、コウモリランに直射日光があたらないように注意しましょう。それ以外の季節では、日の当たる日向に置いて管理しても大丈夫です。

室内で育てる場合の置き場所は窓際にして、カーテンで日光の調節ができるようにしましょう。冬になると窓際は気温がさがってくるので、冬だけは窓際から離れた場所で育ててください。

週に2回程度の霧吹き

冬場は、ほかの季節ほど水やりをする必要がありません。乾かし気味に育てていれば、寒さに強くなってくれるので、冬を越しやすくなります。

大きく成長してきたら板付けをします。

※上にたてて育てる

※植物につき、商品の色・形・大きさは、写真と異なる場合がございます

高さ 約26㎝

幅  約20㎝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※どちらも冬は室内、夏場は外に置いてください。できるだけ日に当たるようにしてください。

※こちらの商品には受け皿はついておりません。

You may also like

Recently viewed